イソフラボンサプリの効果別ランキング@選びに迷う方へ

イソフラボンが含まれている食材は?

 

イソフラボンは大豆食品に入っていることが有名ですが、大豆食品と言っても様々なものがあります。豆腐や納豆が有名ですが、普段から食べるようなものなら味噌やしょうゆもまた大豆由来の食品になります。また油揚げも大豆で出来ていますよね。きなこも大豆を粉にしたものですし、おからなどもイソフラボンがしっかり含まれています。豆乳もイソフラボンが含まれていますから、非常に優秀な健康食品だと言えるでしょう。

 

実はこうした大豆ばかりがイソフラボンを含んでいるのではありません枝豆だったりもやしにもイソフラボンは含まれています。もやしの多くは大豆もやしと言われるものなので、ちゃんとイソフラボンが含まれています。またブラックマッペ緑豆もやしでもイソフラボンは含まれていますから安心してください。もやしは安く入手出来るので使いやすい食材ですが、イソフラボンが入っていると思うと嬉しいですね。

 

納豆ほどのイソフラボンの含有量は無いかもしれませんが、イソフラボンを摂取したいがために毎日の食材が限られてしまうと、偏食になってしまいますから、多くの食品を食べることは意味のあることです。イソフラボンは多くの食品から摂取出来ますから、摂取の仕方は様々に工夫してみると良いでしょう。

 

不足しそうな場合にはサプリメントもありますから、有効に活用するのがおすすめです。イソフラボンは大豆を食べるしかないと思っていると非常に窮屈ですから、幅を持って楽しむようにしましょうね。

 

イソフラボンで美肌になろう

 

女性の美肌に対する熱意は今も昔も変わることはありません。特に最近は肌の美しさに白さを求める傾向が強くなっており、美白をうたう化粧品や医薬部外品なども非常に多くなっています。毛穴が目立たず透き通った白い肌というのを皆が憧れるのですが、それはメイクによって作ることは出来ません。肌のトラブルをひとつひとつなくしていって作るものです。

 

そんな美白や美肌のために有効な成分のひとつがイソフラボンです。大豆製品に多く含まれていることで有名なイソフラボンは美肌効果も高いということで多くの化粧品にも配合されています。

 

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をすることで知られていますが、これが肌の新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促し、健康で美しい肌の生成を助けてくれます。また体全体の免疫力を高めてくれるので、雑菌などから生じるニキビなどの肌荒れにも強くなりますし、抗酸化作用によって肌の状態を保ち、くすみなどを防止します。またメラニンの生成を抑えることによって肌のシミや日焼けも防ぎます。そしてイソフラボンはコラーゲンの合成を体内で助ける効果もあり、ハリのあるきれいな肌を作るためにも非常に有効なのです。

 

多くの美肌効果を持つイソフラボンは、女性であればしっかり摂取しておきたい成分です。毎日大豆食品を大量に摂取するというのは現実的ではないですから、続けやすいサプリメントを利用するのが良いでしょう。

 

こちらをどうぞ イソフラボンサプリ特集@最新おすすめランキング

 

イソフラボンと子宮内膜症

 

最近は不妊に悩む女性も多くなってきており、女性の生殖器官のコンディションが様々な原因で悪くなっていることが理由として挙げられてます。中でも多くなっているのが子宮内膜症という病気で、子宮内膜以外のところで子宮内膜細胞が組織を作り出してしまう病気です。

 

子宮に組織が出来ているならそれが生理などの際に排出されるのですが、他の部分に出来てしまうとそれが排出されず、体にとどまってしまいます。そのために生理痛が強くなったりするトラブルになります。これが悪化してしまうと不妊の原因となることもあり、また卵巣がんを生み出すきっかけにもなりますから、予防に努め異変が見られる際には早めに治療に取り組む必要があります。

 

この子宮内膜症の改善にイソフラボンが関わっているということをご存知でしょうか。イソフラボンと子宮内膜症の関係を調べた研究では、イソフラボンの過剰摂取によって子宮内膜症が生じやすくなるという結果が出ているのです。

 

過剰摂取と言っても、イソフラボンはトラブルになる摂取量というのは相当に高いため、普段食事で摂取している量ではまずトラブルにはなりません。イソフラボンのサプリメントも、一日の摂取量の目安は食事によって、摂取出来る量を考慮して安全性の高い数値に定められているので、用量を守って利用する分には問題はありません。逆に言えば使い方を誤って大量摂取してしまうとトラブルを起こす可能性もありますので、サプリの場合は大量に飲まないように注意してください。

 

イソフラボンにも種類がある

 

豆腐や味噌、納豆、きなこなど大豆は日本人になじみの深い食品であり、昔から健康に良いと言われていました。その健康効果を持って「畑の肉」と呼ばれていて、実際に肉類のように良質のたんぱく質を持っている植物性食品でもあります。それだけでなく脂質や食物繊維、ミネラル分やビタミンB群などの栄養素も持っていて、非常に栄養バランスの良い食品なのです。

 

大豆は最も有効とされる8種類の野菜のうちのひとつと言われていて、健康効果は世界的に注目されています。その栄養豊富な大豆ですが、栄養価だけではなくイソフラボンというポリフェノールも注目されています。これによって女性ホルモンに似た作用をして様々な健康効果をもたらすことが出来るそうです。

 

大豆食品に含まれているイソフラボンによって多くの健康効果を受けることが出来るのですが、実は腸内環境が悪いとこれをしっかり摂取することが出来ません。イソフラボンは体内で形を多少変えて吸収されるのですが、この際に腸内環境が悪いと分子量の大きなイソフラボンとなってしまって吸収されないのです。吸収力の高い分子の小さなアグリコン型イソフラボンに変化することによってより効果を発揮します。女性ホルモンに似たイソフラボンというのはこのアグリコン型のことを言います。

 

イソフラボンと言っても何に由来しているイソフラボンかでその性質は少しずつ変わります最も良いといわれているのは胚芽由来のイソフラボンで、丸大豆由来のイソフラボンよりも高い効果があると言われています。

 

イソフラボンの多くの健康作用

 

大豆イソフラボンは大豆に含まれている抗酸化物質でポリフェノールのひとつですが、女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と作用を持っていることから、健康や美容に大きな効果をもたらすと言われています。

 

女性ホルモンのエストロゲンは加齢とともに分泌量が減少するため、女性はホルモンバランスが乱れた状態が続くようになり、そして更年期や閉経を迎えるようになります。加齢に伴う一連の不調をもたらすのはこのエストロゲンの減少に原因がありますから、外部から補うことによってトラブルを軽減することが出来るのです。

 

具体的な効果としては、肌や髪の新陳代謝の活発化や卵巣内の細胞の成熟作用、女性らしいスタイルを作る作用、悪玉コレステロールの増加を抑える作用、骨を丈夫に作る作用、自律神経の安定作用などが見られます。

 

イソフラボンは大豆や豆腐などの大豆製品で摂取することが出来るので摂取は難しくありませんが、外食が増えてくると不足しますので注意しましょう。摂取量の目標は1日40〜50mgと言われていますが、多少多く摂取するくらいでは問題になることはありません。ただしサプリメントなどを用量以上に使用すると、イソフラボンの過剰からホルモンバランスが崩れたりと異常が生じるので注意してください。基本は食事からの摂取にするのが良いでしょう。

 

イソフラボンは抗酸化力があることから、様々な大量不良の原因に有効であったりがんの予防などにも有効です。長い目で見た健康のためにもしっかり摂取しておきたい栄養素です。

 

イソフラボンは脳にも作用

 

大豆由来の健康成分であるイソフラボンは、実は脳の働きをよくする効果があると言われているので、記憶力をつけたい学生や、物忘れが増えてきた中年世代の強い味方になってくれます。イソフラボンは脳に作用して、記憶力をつかさどる海馬を活発にし、また抗酸化作用によって海馬における酸化ストレスを軽減し、脳細胞の死滅を防ぎます

 

脳が動くためにはエネルギーと酸素が必要で、これらは血液を通して運ばれていますが、イソフラボンは血行を改善する効果もあるので、脳内に流入する血液量が増加して脳に入るエネルギーも増えて活動が活発になります。

 

さらにイソフラボンを含む納豆には、脳に良いとされている成分も多く含まれており、脳の活動を活発化させると言われています。特に朝は卵と一緒に摂取すると、脳の活動を活発化させて午前中から仕事や勉強がはかどると言いますから、ぜひ試してみてください。

 

イソフラボンというと美容面での働きが強調される部分がありますが、こういった脳力の部分にも有効ですので、うまく活用して是非仕事や勉強の能率を高めてください。また、記憶力を維持することは、脳のアンチエイジングとも言うことができます。ちょっと歳のせいか忘れっぽいなと思ったら、健康管理だと思って試してみると良いと思いますよ。

 

イソフラボンの効率的な摂取は、サプリメントが有効です。手軽に購入できることや、カロリーが少なく、他の献立に影響を与えないのがメリットです。

 

美白効果があるビタミンについて

 

美白に効果があるビタミンと聞くと思い浮かべるのはビタミンCだと思います。飲むでもいいですし、塗るのもいいですし、化粧品にも配合され、さらに美白成分の代表ということで多くの化粧品はビタミンCが含まれているということを前面に押し出すこともあります。もちろんサプリメントなどでもビタミンCは人気であるということは理解しておきましょう。

 

しかし、ビタミンCだけではなく、実は美肌に効果があるビタミンがあることをご存知でしょうか…それはビタミンEです。実は皮膚科医の症例によるとビタミンCの単体摂取より併せてビタミンEを服用した方がしみの改善に期待できるといわれています。どうしてそういう結果になったのか、ビタミンCとビタミンEの働きについて把握しておきましょう。

 

まず、ビタミンCの働きですがメラニンや活性酸素の生成抑制、コラーゲンの合成促進、細胞や組織生成の修復促進、ビタミンEの働き向上になります。そしてビタミンEの働きですが、活性酸素の生成抑制、血行改善によるターンオーバーの向上や細胞の再生補助、過酸化脂質の酸化抑制があります。どちらも肌にとっては非常に高い効果を得られそうです。

 

また、こういう効果を得るにはどのくらいの摂取量が必要なのかというと、それぞれ目安量がありますので上限を超えないように適度に摂取するようにしましょう。サプリメントで摂取するのでしたら目安量などは記載しているはずです。そして、一番大事なのは継続ですので、飲み始めたら続けるということが大切です。

 

こちらもどうぞ ビタミンEサプリのおすすめはどれ?

更新履歴